男性ホルモン

ホルモンは、無色透明で、成分は2種類あり、アミノ酸とコレステロール等の非たんぱく質のものです。

アミノ酸を原料とするホルモンは甲状腺ホルモンやアドレナリンで、非たんぱくホルモンは睾丸・卵巣・副腎皮質から分泌されるホルモンです。

男性ホルモンは男性はより男性らしくする働きがあり筋肉や骨の形成を促し、精子や男性機能にも影響します。

前立腺は男性ホルモンにより発育し機能しますが前立腺の細胞が異常増殖し発生する前立腺がんも男性ホルモンの影響をうけます。

男性ホルモンはアンドロゲンと呼ばれ95%が精巣で、5%が副腎で産生されます。

副腎皮質ではアンドロゲンの他、ストレスに関連して分泌されるコルチゾールや腎臓の働きに関わるアルドステロンが、副腎髄質では交感神経の興奮に関わるアドレナリンなどが分泌されます。

精巣で作られるホルモンは、テストステロンで、副腎ではデヒドロエピアンドロステロンというホルモンが作られます。

男性ホルモンが分泌される肉体的に向上し、精力を増強、性的アピールを強めます。

男性ホルモンについての研究は、大阪府立大学でもなされています。

男性ホルモンであるテストステロンが加齢に伴って低下するとこれは性欲の低下や勃起障害、精神・心理症状で、抑うつ感や落胆、不安、疲労感、記憶力や集中力の低下などをまねきます。