男性の毛髪

男性ホルモンがハゲと関係があるか無いか議論がありますが、ハゲでる人が去勢したらハゲが止まったり、去勢した人に男性ホルモンを投与したら、再びハゲが進行したなどの実験から関係があるとされます。

ホルモンによる禿のメカニズムは、男性ホルモンと毛根部にある5αリアクターゼという酵素が結びつくと、ジヒドロテストロンという活性型の男性ホルモンが産生され髪の毛の発毛が止まることが確認されています。

男性ホルモンは頭髪を薄くし体毛を濃くし、女性ホルモンは頭髪を健やかに保つようです。

遺伝と薄毛の関係は、昔から言われており遺伝では無く生活習慣が同じだからだともいわれますがやはり関係はあるようです。

薄毛はジヒドロテストステロンという物質が原因ですが、5αリダクターゼという酵素によって作られ、これを多く生成する体質が遺伝します。

男性ホルモン受容体アンドロゲンレセプターの感受性が頭髪が薄くなるかに関係します。

5αリダクターゼが生成されても、アンドロゲンレセプターの感受性が低いと薄毛にはなりませんが、作用するかの感受性は母親から遺伝すると言われています。